JCG CSGO大会開催見合わせを受けて


今日の15:52にTwitter上でJCGから呟かれた、

「JCG CS:GO 2016 Winterシーズン開催見合わせのお知らせ」

「JCG運営は、諸般の事情により、JCG CS:GO 2016 Winterシーズン開催を見合わせることとしました。

開催見合わせの具体的な内容は以下の通りとなります。

  • Open/Master/Premier全てのカテゴリについて、Winterシーズンのスケジュールを全てキャンセルとします。
  • 2017シーズンについてはそもそも未定となっております。
  • また、先日の「JCG BF4 Grand Finals Mid-2016」終了をもって、JCG主催レギュラー大会として、今年度を通して扱うゲームタイトルがなくなることから、年間王者決定戦「Grand Finals 2017」の開催もキャンセルとなる見込みです。(※今年度途中から開催しているゲームタイトルはGrand Finals開催対象のゲームタイトルとはなりません)
  • 開催キャンセルとなった「Premier 2016 Winter」、ならびに開催キャンセルの見込みとなっている「Grand Finals 2017」の出場権については、今後、JCGがCS:GO大会を開催したり他団体の大会への推薦を行うにあたって、資料として利用する場合や、チーム招待やシード権付与の根拠とする場合があります。」(原文ママ)

正直びっくりしました。

JCGで初めてのCSGOの大会が開かれたのは、1年半前の5月。

JCG Master 2015 Spring Day 1、ここから始まりました。

今日ここまで大会を開いて頂いたことにまずは感謝したいです。

また、JCG Premier 2016 Summer Finals Day1 で解説の機会も頂きました。

自分は GO ASAP→GAMERS LEAGUE→JCG と3年間、国内大会を経験してきました。

やはり長く続かないものなのかなと思うと同時に、上記に引用して記載している中で、

「今後、JCGがCS:GO大会を開催したり他団体の大会への推薦を行うにあたって、資料として利用する場合や、チーム招待やシード権付与の根拠とする場合があります。」(原文ママ)

この点について少し気になるなと思いました。

あくまで今回はWinterシーズン開催”見合わせ”であり、

また、Grand Finals 2017の開催はキャンセル予定ではありますが、

2017シーズンは未定となっていることから、

今後CSGOの大会をJCGで開くこともゼロではないと思いました。

もしくは、他団体で開催をする可能性もあるのかなとも思いました。

ただ、今回の見合わせを受けて多くのCSGOプレイヤーが反応をしていて、

現状の日本では直接海外大会への参加でしか大会に参加することはできないことから、

多くのCSGOプレイヤーが他のゲームへ流れていくことが考えられます。

 

今後の日本のCSGOがどうなっていくか気になるところです。

 

コメントを残す